妊娠

    健やかな出産のために

    妊娠中に母体に悪影響を及ぼすものも色々あります。飲酒や喫煙、薬物の摂取、風疹などのウイルス感染、レントゲンなど...

    Readmore
    刺青

    これからの予測と課題

    分娩を取り扱う病院が減少すると、当然、取り扱っている病院へと集中します。都市部では分娩件数制限を設けているとこ...

    Readmore
    喜び

    分娩することを選ぶメリット

     現在、出産方法の多様化が進み、出産ができる場所は産婦人科の病院のほか、助産院や自宅などさまざまな場所を選ぶこ...

    Readmore

健やかな出産のために

妊娠

妊娠中に母体に悪影響を及ぼすものも色々あります。
飲酒や喫煙、薬物の摂取、風疹などのウイルス感染、レントゲンなどによるエックス線などです。
これらは母体の胎児の器官形成に直接悪影響を与えてしまいます。
また、母親自身のストレスなどが赤ちゃんによくない影響を与えることも知られています。
妊娠中はホルモンバランスの変化により、不安感や落ち込みなどを感じやすくなりがちです。
好きなことをして過ごすなど、上手に気分転換をして、気分をリフレッシュさせることが望ましいです。 READ MORE

気をつけること

若い妊婦

妊娠して新しい赤ちゃんの誕生を心待ちにしておられる方は多いと思います。
妊娠から出産の間、お母さんの体にはさまざまな変化が起こり、戸惑うことも多いですが、いろんな情報や知識を得て、充実したマタニティライフを送るようにしましょう。
妊娠がわかったら産婦人科を受診することになりますが、分娩施設のある病院を選ぶことをお勧めします。
出産前から自分の体を診てもらっている先生に出産をお願いするほうが安心できます。
妊娠初期のお母さんの体は、脚がつったり、便秘になったりなどのほかにつわりが現れます。 READ MORE

これからの予測と課題

刺青

分娩を取り扱う病院が減少すると、当然、取り扱っている病院へと集中します。
都市部では分娩件数制限を設けているところがほとんどですが、その枠はあっという間に埋まってしまいます。
分娩取扱い病院はパンク寸前。
医師一人当たりの負担は増す一方。
そのことがさらなる産科医不足の原因になるだろう、というのは容易に予測できます。
この悪循環を断ち切らなければ、将来的に「安心して産む」ことも出来なくなり、少子化にさらに拍車をかけることにもなりかねません。
政府は少子化になんとかして歯止めをかけようと、給付金の類を充実するなどの対策を行っていますが、実は問題点はお金ではなく、産科医師の不足に伴う分娩取扱い病院の不足なのです。 READ MORE

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

オススメリンク